共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

痛みが少なく効果が高い脱毛方法は光式の家庭用脱毛器を使用する事!


エステサロンの脱毛器でも家庭用の脱毛器でも痛みの具合と言うのはその人でも違うし、機械でも違います。
痛みを全く伴わない脱毛器と言うのは現在のところありません。

 

 

もし、全く痛みが感じない脱毛器があるのなら、それは効果の程度がかなり低いと考えられます。
脱毛器を選ぶポイントは出来るだけ痛みが少なくて脱毛の効果も高い脱毛器を使う事です。

 

 

 

エステサロンや美容クリニックにて施術する脱毛の場合は痛みが強すぎるニードル脱毛・針脱毛を除くとレーザー脱毛と光(フラッシュ)脱毛があります。
このレーザー脱毛かフラッシュ脱毛かでも痛みが違うのですが、これも人によって個人差があります。

 

 

 

光式の脱毛のデメリットの効果の弱さは照射回数で追いつける!


光(フラッシュ)とレーザーを比べると効果としてはレーザーのほうが高いでしょう。しかし、痛みが強いです。
光はレーザーほどの痛みはありませんが、レーザーと比べると効果は弱まります。

 

 

この弱まった脱毛効果は実は、回数で埋める事が出来ます。光脱毛はレーザーよりも照射する光の波長が広く複合式である為に効果は弱いですが、痛みも弱いので何回でも繰り返し照射する事もあまり苦痛にはならないでしょう。

 

 

痛みに耐える事よりも、時間はかかりますが、繰り返す事を取ったほうが楽ではないでしょうか。
脱毛をする場合は毛の成長期と言われるサイクルに合わせなくてはいけない為に数カ月に1度の施術です。これを部位毎に施術するエステサロンや美容クリニックの場合は数年間はエステサロンやクリニックなどに通う必要があります。今まではこの何年間も通う事のデメリットがあまりにも大きかったのです。

 

 

 

しかし、自宅で本格的な光脱毛が出来るようになってからは、光式の脱毛器を1度購入してしまえば、あとの照射の繰り返しは自宅にいる時の空き時間で施術する事が出来るようになりました。何回も通う事のデメリットと何年間もエステサロンや美容クリニックに費用を払い続ける経済的な負担を無くす事が出来るのです。

 

 

エステサロンや脱毛サロン、脱毛クリニックなどはお試しキャンペーンや無料キャンペーンなどを利用して光脱毛は自分にどのくらい痛みを感じるのか?
レーザー式の場合はどのくらい自分に取っては痛みがあるのかを確認する方法として利用するのがベストですね!
継続してそこで施術してしまうと高額費用になってしまいますから気を付けてくださいね!
エステサロンや脱毛クリニックなどのキャンペーンなどを利用してお試し体験する方法については「チェック!エステやクリニックのキャンペーンを利用して脱毛を知ろう!」で紹介していますので参考にしてくださいね!

 

 

 

経済的な負担を減らして本格的な脱毛を試みるなら、まずは光式の家庭用脱毛器を購入して実践する事から始めると良いでしょう。
光脱毛式の家庭用脱毛器は「光式の家庭用脱毛器一覧!」で紹介しています。

 

 

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家庭用の光(フラッシュ)式(男女共用)
家庭用のレーザー式(男女共用)
家庭用の電気(ニードル)式(男女共用)
SSC光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
IPL光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
レーザー脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
男性歓迎!お為し脱毛が出来るエステ・クリニック



TOPへ