共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

自宅で光脱毛時のトラブルや副作用の多くは使用方法の間違いが原因!


光脱毛をする上で心配になったり不安になる事の1つに皮膚のトラブルがありますね!
実は光脱毛による皮膚トラブルは思ったよりも少ないのが現実です。

 

 

よく耳にする皮膚トラブルの多くは医療用のレーザー脱毛に多いですね!光式と違い1点集中型のレーザーの場合はそれだけ力が強いので皮膚に赤みが出るなどのトラブルがあります。

 

 

家庭用脱毛器の場合は光式でも家庭用として許可されているレーザー式でも出力がエステサロンや医療機関と違い弱いです。
この出力の数字は万が一でも皮膚にトラブルが出ないレベルまで落としていますので、家庭用の脱毛器で皮膚トラブルは余程皮膚がダメージを受けやすい人でない限り少ないでしょう!

 

 

ただ、重要な事として黒い物に反応する光を発するので必ず目に当てないように付属のサングラスをしてから実施するという事です。
これは家庭用脱毛器の場合ですね。

 

 

光式でも出力が高めのエステサロンなどはは専門スタッフがすべて用意しますので何も注意しなくてもただ言われるままにしてれば大丈夫です。
この点では家庭用脱毛器を使用するよりも、エステサロンのほうが気楽とも言えますね。

 

光(フラッシュ)脱毛の副作用は皮膚の赤み!


光脱毛はレーザー脱毛に比べるとかなり安全度が高い為に副作用は少ないです。しかし少なくてもある事はあるんですね!
皮膚トラブルでも紹介しましたが、光式の脱毛法でメインの副作用としては皮膚が弱い方は光に肌が負けて数日から1週間くらい肌が赤くなる状態になる事です。いわゆる軽いやけど状態になってしまいます。

 

 

レーザーと違い光(フラッシュ)のほうが肌への刺激は弱いのですが、それでも皮膚が敏感な人は、1度見えない部分(脇など)で試してみて大丈夫なら全身脱毛を開始するほうが良いでしょう。

 

 

 

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)でも火傷リスクはある事を認識しよう!


光脱毛(フラッシュ脱毛)は脱毛方法の中ではかなり新しい脱毛方法になります。施術の回数も多いとは言えないのでどれだけ脱毛効果があるのかのデーターは多くはありません。

 

しかし現実脱毛効果があり、ムダ毛が次第に薄くなり、無くなっていくのは事実です。
永久脱毛と言う言葉は医療機関のみが実施出来るレーザー式脱毛しか使えませんが、光脱毛でもほぼ永久的な脱毛を言えるでしょう。

 

 

そして光脱毛はレーザー脱毛と比べると光が分散する分、安全性も高いと言われています。
しかし、正しい施術方法でないと火傷を負ってしまう可能性があると言われています。

 

レーザー脱毛ほどではないですが、光脱毛でも多少は火傷リスクがあります。
特に皮膚が弱い人ほどその可能性は高まります。

 

 

 

始めて家庭用脱毛器を使う時の出力は低く設定しよう!


肌が弱いか、敏感肌なのかは意外と自分で把握していない人もいるでしょう。
光脱毛を実施する場合は必ず最低レベルの出力で試しましょう!また、試す場所も万が一皮膚が赤くなってしまっても大丈夫な脇下などの目立たない箇所に試してみましょう。

 

 

最低レベルの出力での光でも大丈夫なら出力数を次第に上げていきましょう。
痛いと感じる手前の出力数がベストな出力数です!あとはその出力数の光(フラッシュ)を繰り返していくと次第に薄く目立たないムダ毛になっていきます。

 

 

 

火傷以外の副作用は、施術後に肌や皮膚が赤くなる、腫れてしまう、かさぶたのような元が出来てしまうなどの副作用も報告があります。
これも光脱毛を実践した人の数%程度ですが、皮膚が非常に弱い人の場合は必ず認識しましょう!

 

 

しかし、火傷も程度が低く、時間が経つとこれらの副作用はすべて治っていきます。
生涯残る火傷跡のような火傷は家庭用脱毛器の出力数では起きません。大きなトラブルは安全面が低い一部のエステサロンや美容クリニックのみです。

 

 

 

 

脱毛器の使用例の間違いが火傷などの副作用の原因!


火傷の事例が光脱毛でもあります。しかし、そのほとんどの方が使用の間違いが原因です。

 

 

光脱毛を家庭用脱毛で施術するにしても、サロン等で施術するにしてもまず出力パワーを決めます。
ここで出来るだけ早く終わりにしたい欲求に負けてタブーとされている出力を始めは低くすることを無視していきなりハイレベルでの出力で光を当ててしまうと肌が弱い人は火傷状態に陥ります。

 

 

もちろん私みたいにいきなりレベル最高でも全く痛みを感じない人もいるんですが、ここは皮膚の状態とか個人差がありますのでまずは試し打ちで低いレベルで部分的に試して、大丈夫だったら次回出力レベルを上がるといった形にしたほうが無難ですね。

 

 

 

 

自分の皮膚の質、肌質によって起こる副作用、トラブルは毎回どこかで発生していますが、まずは自分の皮膚が通常よりも強いのか?弱いのか?を把握して、弱い人ならまずは出力を低くして光を当てて様子を見ることが重要ですね!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家庭用の光(フラッシュ)式(男女共用)
家庭用のレーザー式(男女共用)
家庭用の電気(ニードル)式(男女共用)
SSC光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
IPL光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
レーザー脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
男性歓迎!お為し脱毛が出来るエステ・クリニック



TOPへ