共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

光脱毛にほくろ&シミ&入れ墨はNG!保護シールでカバーするのが一般的!


光脱毛をする時にやっかいな事があります。それは光脱毛の光線に反応してしまう黒い色や濃い色が皮膚にある場合です。
例えば、よくある例として「ほくろ」、「黒ずんだシミ」、「入れ墨(タトゥー)」などです。

 

 

 

光脱毛の光(フラッシュ)は黒色や濃い色などに反応して高温を発する性質を持ちます。

光脱毛の仕組みについては「光脱毛の仕組みを覚えよう!」で別途紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

黒色や濃い色に反応してしまうと言う事はほくろや黒系のシミ、入れ墨などにも反応してしまうと言う事です。
その為、ほくろや黒色系のシミがある場合にはエステサロンの場合はカウンセリングで把握して保護シールを貼ってから照射を開始します。

 

家庭用脱毛器の場合は個人で施術するので、ほくろや黒系のシミがある場合には別途保護シールで対応する必要があります。
家庭用脱毛器を購入すると、付属で保護用シールが揃っているのが一般的ですので安心してください!

 

また、ほくろを光脱毛すると消えたり、増えたりするなどの噂は嘘ですので信用しないようにしましょう!

詳細は「光脱毛でほくろが消える&増えるは信ぴょう性がない!」で説明していますので参考にしてください。

 

 

 

 

入れ墨(タトゥー)ありの皮膚の光脱毛は難しいケースも!


ほくろやシミは保護シールで対応して光脱毛が可能ですが、入れ墨(タトゥー)はどうでしょうか?

 

 

入れ墨(タトゥー)の場合はタトゥーの形にもよりますが、保護シール対策では困難な場合も多々あります!
照射前に、保護シールで入れ墨のみを隠すように貼る事が出来ればフラッシュする事が出来ますが、複雑な模様などの入れ墨の場合は難しいでしょう!

 

 

エステサロンの場合でもほくろやシミは保護シールで対応しますが、入れ墨の場合はお断りされるケースも多々あるのです!
光脱毛でほくろやシミは保護シールで対応出来るけど、入れ墨はケースバイケースと考えておきましょう!

 

 

家庭用脱毛器で自宅で光脱毛を実施する予定の人は自分の入れ墨が保護シールで対応出来るような入れ墨なのかどうかを把握してから実施しましょう!何も知らずに入れ墨に照射してしまうと、入れ墨部分の皮膚が火傷する可能性がありますよ!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家庭用の光(フラッシュ)式(男女共用)
家庭用のレーザー式(男女共用)
家庭用の電気(ニードル)式(男女共用)
SSC光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
IPL光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
レーザー脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
男性歓迎!お為し脱毛が出来るエステ・クリニック



TOPへ