共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

光脱毛の仕組みを覚えよう!理解出来れば永久的脱毛と抑毛の判別も出来る!


現在、本格的な家庭用脱毛器もエステサロンなどで実施するエステサロン用脱毛器も多くが光脱毛(フラッシュ脱毛)を使用していますね!

 

 

光脱毛の仕組みは、レーザー光線を放つ事が出来る機械を使い、肌に直接その光線を照射します。
この光線は黒い色黒系の色、濃い色に反応して高温を発する性質があります。

 

 

この光線を皮膚に照射するとムダ毛が生える根源である毛母細胞をピンポイントで破壊する事が出来ます。
毛母細胞はムダ毛を育てる細胞の為、毛母細胞が壊れる事でムダ毛の成長は止まります。

 

 

 

成長が止まったムダ毛は、数日以内で抜け落ちます。
これを繰り返す事で、次第にムダ毛の量が少なくなり、最終的に無くなります。
さらに、破壊されなかった毛母細胞部分も弱らせる事が出来るのでムダ毛が生えても薄く目立たないムダ毛になっていきます。

 

 

繰り返し照射する回数が多ければ多いほど、永久的に生えてこなくなります。

 

 

 

1,2回の照射ではムダ毛の量が減って、ムダ毛が薄く目立たなくなる抑毛(よくもう)状態になるのですが、男性の場合はこの状態で止める人も多く、女性の場合は、最後まで照射を繰り返し、永久的な脱毛を目指す人が多いですね!

 

また、光脱毛の光(フラッシュ)は黒い色に反応するする為に、ムダ毛から熱が加わり生成元の毛母細胞を破壊する事が出来るのですが、皮膚にほくろやシミなどの黒色や黒色的な色素がある場合は誤ってその色素に照射されると火傷の原因になってしまいます。

 

その場合は、通常は保護シートで保護するのが一般的です。

 

ほくろやシミがある場合の光脱毛については「光脱毛とほくろやシミについて」で紹介しているので参考にしてくださいね!

 

 

 

 

光脱毛とレーザー脱毛の仕組みは同じ!照射範囲と光の強さの差に違いがある!


光脱毛と対比して紹介されるレーザー脱毛は光の強さは光脱毛よりも強いのですが、照射の範囲が狭い事が特徴です。

 

 

レーザーほど強くしなくても、光脱毛のレベルで抑毛も出来るし、永久的な脱毛も目指せるのでレーザーに比べて痛みが弱いと言われる光脱毛をオススメします!

 

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)とレーザー脱毛については「光脱毛が主流になる理由」で紹介しているので参考にしてください。

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家庭用の光(フラッシュ)式(男女共用)
家庭用のレーザー式(男女共用)
家庭用の電気(ニードル)式(男女共用)
SSC光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
IPL光脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
レーザー脱毛のお試しが出来るエステ・クリニック
男性歓迎!お為し脱毛が出来るエステ・クリニック



TOPへ